当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

有料老人ホームと終の棲家

有料老人ホームへの支払いが滞ると追い出される

近年、年金の支払額が減らされるというニュースが頻繁に報じられています。
このことによって、有料老人ホームに入居されている方には、退去(契約の解除)という問題が起こる可能性が出てきます。

例えば、月額25万円の年金を受け取っていたとしたら、そのうちの24万円を有料老人ホームへの支払い(管理費・光熱費・食費・介護費など)に当てられる計算になりますが、年金の受取額が20万円になってしまったら、有料老人ホームの支払いが滞る原因になります。

スポンサーリンク

それでも、現預金がたくさんあればよいのですが、入居の際に2,000万円〜3,000万円も支払っていて現預金がほとんどない状態ですと、すぐに退去(契約解除)になってしまいます。

さらに、もし現預金があったとしても、年金の支払額が少ない状態が恒常的に続いていますと、いつかは現預金が尽きる日が来てしまう可能性が高くなります。
ですので、有料老人ホームに入居する際には、そのあたりのリスクを充分に考慮した上で、老人ホームへの入居を決意されたほうが宜しいかと思います。


その他の退去&契約解除のリスク

有料老人ホームの中には、介護が必要になった時点で退去しなければならないものもありますので注意が必要です。
(退去(契約解除)についての項目をよくお読みになった方が宜しいかと思います)

また、民間団体の運営する有料老人ホームは倒産のリスクがありますので、資産に応じて、できるだけリスクの少ない有料老人ホームに入居した方が無難かもしれません。
(安いとそれだけ、サービスや質も低下するようですし、中には、入居状況があまりにも悪く、倒産しかかっているので安い老人ホームもあるようですが・・・)


スポンサーリンク