当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

【判断力が衰える前に】 任意後見制度

老いると判断力が鈍る

年老いると判断力が鈍くなります。
過剰なリフォームや高額商品を認知症のご老人に売りつけて、老人の財産を巻き上げるというニュースがよく聞かれますが、これは認知症のご老人の判断力の衰えを利用した悪質な商法です。

このような被害から、自分自身を守ってくれるのはご家族や親戚だったりするのですが、一生独身、子なし、兄弟なしの場合は、誰も自分自身を守ってはくれません。
そこで、一生独身で、子なし、兄弟なしの方の場合は、「後見制度」を知っておかれると宜しいかと思います。

スポンサーリンク

「法定後見」と「任意後見」

後見制度には、「法定後見」と「任意後見」があります。

「法廷後見」は、家庭裁判所が審判を行って補助人や保佐人や後見人を決めるものです。
四親等内の親族や、市区町村長等が家庭裁判所に「この人は後見や保佐や補助などが必要だと思いますので審査してください」と申し出ると、その申し出を元に家庭裁判所が適当だと思われる補助人や保佐人や後見人を選んでくれます。

一方、「任意後見」は、まだ自分の頭がしっかりしている段階で、自分で「この人に後見人をお願いしたい」という人をあらかじめ選んでおく後見制度です。
この任意後見の場合、法廷後見人があてられるわけではありませんので、選ばれた人は裁判所が選んだ「任意後見監督人」から監督を受けます。

この「任意後見監督人」がいなければ、ヘタをすると任意後見人が好き勝手して、本人の不利益になるにも関わらず、勝手に財産を処分してしまったりする可能性もありますので、「任意後見監督人」の存在は非常に重要であると思います。


転ばぬ先の杖

年をとると判断力が鈍るものです。
ですので、あまりにも不必要な高額商品を買ってしまったり、リスクの高い商品先物などの投機で大切な財産を失ってしまう前に、認知症やアルツハイマーなどでヤバそうだと思ったら、全国各地、津々浦々にある家庭裁判所や家庭裁判所の支部に行ってみて下さい。

家庭裁判所が、この人には後見制度が必要だと判断したら、後見人として適当だと思われる人を選んでくれますので、気軽に家庭裁判所にご相談されると宜しいかと思います。


スポンサーリンク