当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

年金の受取額の減少をカバーする方法

年金以外の収入源を見つける

年金が減らされても、年金以外の収入源があれば何とか生きていけます。
ですので、年金が減らされても生きていけるように、普段からお金を増やす方法や、老いても稼げる方法を調べておくことが大切であると思います。

スポンサーリンク

収入源 内容
株式・債券投資 配当や金利収入などの目的で運用。
毎年必ず高配当を出してくれる倒産しにくい企業を選ぶことが大切
投資信託 投資信託は、安い時に買うことが大切。
株と同様、購入時期によっては高値つかみを起こす可能性がある。
基準価格割れの状態で換金すると、元本割れをしている可能性あり。
貯金 金利収入。
元本割れがなく、リスクが極めて低い。
金利が高い時に固定金利で長期間借りておくと貯金の増え方も早い。
※ 預金保護の対象にするために、各銀行ごとに預金額は1,000万円までにする。
※ 口座を分けただけでは、預金保護の対象にはならない。
個人年金保険 公的年金にプラスできる年金。
銀行・生保などで取り扱っている個人年金。
利率の良いもの、元本割れのリスクがあるので注意。
積み立て型の保険 積み立て方の生命保険に加入しておくと、満期日には積立金がもらえる。
掛け捨て型の保険では、積立金はもらえない。

支払い額を減らす

支払い源 内容
住宅ローン できるだけ退職するまでに住宅ローンを完済しておく。
住居 年金が減額されるまでに、住宅費のかからないものに住み替える。
賃貸であれば公営住宅、持ち家であれば戸建て。
借金(ローン) ローンや借金はできるだけ完済しておく。
特に、金利の高い消費者金融のローンは要注意。
節約 節約術を勉強しておく。
(簡単に無駄遣いを減らせる工夫について学ぶ)

スポンサーリンク