当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

遺産を要求する親族

前のページ(遺産相続と介護の実話)でも述べましたように、遺産を受け取る権利は伯父さんの親族にはありません。何故ならば、伯父さんの伯父さんが先にお亡くなりになった時点で、遺産を受け取る権利は伯母さんの側に移転してしまったからです。


トラブルになった親族の家系図


でも、卑しい話ではありますが、人はある程度の「見返り」は欲しいものです。
少なくとも、彼女のためにかなりの時間とお金をかけているのです。
そこで、話し合いで「遺産を相続させて欲しいとお願い」したわけです。

しかしながら、そこでまた、揉め事が起こり始めました。

スポンサーリンク

ほとんど面識もないくせに・・・

遺産相続で揉め事が起こるケースとして、ある日いきなり甥っ子や姪っ子が沸いてきて、遺産を要求してくるというケースがあります。
このケースも、それと全く同様のケースでした。

最初は和やかに「遺産の贈与」の話が進んでいました。
しかし、今回お亡くなりになった伯母さんには、実は、ほとんど面識のない甥っ子がいることが判明。
彼らにも遺産を贈与する話が持ち上がったのでした。

しかし、彼らは伯母さんの介護などしたこともないどころか、ほとんど伯母さんとは面識もなかったくせに、「遺産の贈与は行わない」と、言ってきたのでした。

そんなわけで、介護をして葬式まで出してあげた我が親族の伯父さんたちは、一銭も得られることなく、この遺産相続話は終了してしまったのでした。

一応、伯父さんは弁護士にも相談しましたし、父にも相談してきたわけですが、それでも致し方ないという結論にたどり着きました。(相続が発生する親族が全くいなかった場合は、実際に介護を行ってきた伯父さん側の親族にも相続権が発生したようですが、今回は、相続権を持った親族がいてしまいますので、伯父さん側の親族に遺産の相続がなされることはありませんでした)


前ページ(遺産相続と介護の実話)

次ページ(【負の遺産】 よくよく中身を見てみると)


スポンサーリンク