当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

【古い物件にご注意】 アスベストと物件の価値

アスベストを使用しているマンションにご注意を

アスベスト(石綿)は、耐火・防音に優れた物質です。
しかし、一度体に入り込めば、じん肺や悪性中皮腫の原因になる物質です。
ですので、アスベストの使用しているマンションには誰も住みたくないのが実情です。

そこで、マンションや戸建てを買うのであれば、後々発生する可能性のある多額の費用を考えると、アスベストを使用していない物件を選びたいものです。
(かなり安くでアスベストを使用している物件が出回っているケースもありますが、アスベストの除去・囲い込み費用や解体の際にかかる費用が高くついてしまい、結局大損してしまう可能性もありますので、アスベストを使用している物件には手を出さない方が無難であると思います)

スポンサーリンク

築年数とアスベスト

アスベストは、昔は使用しても良い製品でした。
(昔は使用しても良く今は使用が禁じられているという点では、PCBなどの物質と一緒です)

ですので、古い建物ほどアスベストが使用されているリスクが高まります。
リスクと築年数を表にしてみると以下の通り。


建築された年 規制
昭和50年 吹きつけアスベストの規制
昭和55年 アスベスト含有の吹付け
ロックウールの規制
昭和63年 アスベスト含有の吹付け材の規制
平成7年 アスベスト含有吹付け材の規制

築年数によっては、アスベストを使用している可能性が高まりますので、古いマンションを購入される場合は気をつけましょう。
(設計図などを調べて、アスベストが含まれているかどうか調べるのも一つの方法です)


スポンサーリンク