当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

住宅ローンと定期借地権付住宅

住宅ローンの借り換え

通常、住宅ローンは借り換えができます。
より有利な住宅ローンがあれば、その住宅ローンに借り替えてより返済額を減らすことができるんですね。

でも、定期借地権付物件の場合は、土地を地主さんから借りている状態な訳ですから、担保価値などにかなりの疑問が生じますので、銀行の方としても、そういった物件の借り換えには慎重です。
(定期借地権付の住宅の借り換え自体を断っている金融機関が多いのが実情です)

ですので、住宅ローンの借り換えについては、通常の所有権がある住宅よりもかなり難しいものであると考えておいた方が良さそうです。


住宅ローンを相続してもらえない?定期借地権付物件の罠

定期借地権付物件の場合、子供が住宅ローンを相続してもらえない可能性があるので要注意です。
例えば、子供がまだ20歳だった時に、30年目で住宅ローンがまだ数百万残っている低地借地権付物件を相続したとしても、あと20年経てばその物件からは追い出されてしまいます。
(30年も経てばリフォームや建て替えが必要になるでしょうし、それらの費用も考えると、ますます相続しにくくなるのではないかと思います)

ですので、住宅ローンを相続せずにそのまま遺産放棄されてしまったらどうなるのか、今後トラブルが発生してくる可能性もあるので、今後の動きには充分に注目したいと思います。


スポンサーリンク