当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

【思わぬ罠】 田舎暮らしと買い物

店が無いので通販で

田舎暮らしと言えば、広大な大自然の中の一軒家。
その大自然中で、生活に必要な食料品は自給自足。
「必要そうなものは近所の雑貨屋か通販で」・・・という予定のはずが、実際には、思わぬ落とし穴があったりします。

スポンサーリンク

送料の罠

送料は日本全国一律な場合もありますが、地域によっては割増料金や送料が高くなっている場合があります。
通販サイトのWebサイトの送料ページをご覧いただけると分かるのですが、意外とど田舎の送料が高いケースは多いですので、雑貨や日用品関連の購入が高くつくケースがあります。


配送に時間がかかる

通販でもう一つ大切なのが、配送にかかる時間です。
トリートメントが切れてしまい、慌てて買っては見たものの、配送に時間がかかってしまうので、実際にトリートメントを手に入れたのはかなり後になってから・・・という可能性も無きにしも非ずということを、田舎暮らしの前に覚悟しておいた方がよいかもしれません。


田舎暮らしの不便さを体験してみる

都市部に住んでいるとさほど気にもなりませんが、生活に必要な日用品は多数存在しますので、買い物の便が悪いというのは、思った以上に不便に感じやすいのではないかと思います。

ですので、田舎暮らしを始める前に、どの程度の不便さならガマンできるのかを考えることは、非常に重要なことだと思います。
また、いきなり田舎の家を購入して田舎暮らしに突入するのではなく、実際に田舎暮らしの不便さに耐えられるのかどうかを、1ヶ月ほど賃貸物件に入居して確認してみるのも大切だと思います。


スポンサーリンク