当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

【時間が経つほど・・・】 マンションの価値と時間

老朽化したマンション

老朽化したマンションの価格は下がって行きます。
戸建住宅は土地の価格が含まれている分、価格の低下が低いのに比べ、マンションは建物だけの価格ですので、下落率の高いのが特徴です。

また、マンションは老朽化してくると修繕費が高くなってきます。
そこで、修繕費の高くなったマンションを手放そうとするのですが、老朽化して修繕費が高くなった物件ほど、引き取り手が少なくなるのが難点です。

マンションを転売して新たな住まいの元資金にするのであれば、価格が高いうちが吉かもです。

スポンサーリンク

ただし、立地条件(駅近・)の良いマンションは価格が下がりにくいですので、資産価値を保ち続けておきたいのであれば、立地条件のよいマンションを購入された方が無難かもしれません。


マンションの修繕費用&解体費用が足りない場合

マンションの修繕費用や解体費用には、多額のお金がかかる場合があります。
通常は、修繕費を積み立てすることで、多額の修繕費が一気にかからないようにするのですが、修繕費が見込んでいたよりも多かったり、震災などによって修繕費が貯まっていないうちに修繕しなければならなくなってしまった場合には、マンションの住民に追加の費用がかかることになります。

住民の人々がそれらの追加の費用を負担をすることを認めれば、マンションの修繕や解体が可能になるのですが、マンションの住民の多くが「負担できないのでやらない」と判断した場合は、マンションの修繕や解体が行われずに、老朽化が進んで行ってしまう原因になります。

また、修繕費用や管理費などが年々上昇してきたり、職を失って収入が激減したことにより、修繕費や管理費を支払えない世帯も出てきますが、そのような場合には、管理費や修繕費などが足りなくなってしまうケースもあります。

このように、マンションを購入する際には、このようなマンション特有の問題があるという点についても、事前に考えておかれた方が良いように思います。


スポンサーリンク