当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

【損しまくり?】 マンション投資のリスク

賃料を得られるマンション投資とは

「マンションをローンや現金で購入し、そのマンションの部屋を人に貸し付けて賃料収入を得る」という投資があります。これが、「賃料を得られるマンション投資」です。

この投資の良い点は、「マンションの購入費用は借主が支払う」という点にあります。
つまり、何もかも上手く行けば、自分の資産はすり減らさずに、賃料収入が芋ズル式に手に入るという按配なのです。しかし、そうは問屋が下ろさないというのが世の常です。

スポンサーリンク

よくあるマンション投資のトラブル事例を見てみると以下のようなものが挙げられます。


  • 毎月の支払額が、借主から受け取る賃料を越える。
  • マンションを売るとマンション価格が大幅に下落してしまっている。
  • 貸し出していたマンションを売ろうとしても売れない。
  • 借主から受け取れる賃料は、マンションの老朽化に伴い年々減少する。
  • 金利の上昇で、毎月のローンの支払い金額が増える。
  • 空き部屋になると賃料収入がなくなり、ローンの支払いなどが自己負担になる。
  • ワンルームは市場に多数出回っているので、競争が激化している。
  • ローンでマンション投資をする場合、ローン金利を上乗せした賃料を取らなければならない。

割りにあった投資かどうか検討する

マンション投資をする際には、営業マンの人の話を鵜呑みにするのではなく、その投資が割に合っているかどうかを考えた方がよいかと思います。

「自分の持ち出し(自腹を切って支払う)がなく、賃料収入が毎月入ってくる」という甘い言葉を囁く営業マンもいるそうですが、上のようなトラブルにより、自腹を切って数万円〜数十万円の支払いを毎月行わなければならなくなったり、マンションを売却すると何分の1のお金しか返ってこず、結局、賃料収入も資産も失った上に、ローンを支払い続けてしまっているという悲しい事例もあります。

株式投資や債権投資でも言える事ですが、投資の世界は弱肉強食の世界です。
投資を行う前には、前もってしっかりとした知識を見につけた上でトライするように心掛けましょう。


スポンサーリンク