当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

持ち家派のための火災保険

火災保険の種類

火災保険とは、火災などで家が燃えたり、家財が燃えたり、誰かが怪我をしたり、誰かがお亡くなりになった場合に、その損害の補償をすることです。

火災保険の種類 内容
住宅物件用 一般の住宅、家財ための火災保険
一般物件用 店舗、店舗兼住宅、作業所、家財、設備、商品、製品などための火災物件用
工場物件用 工場(建物)、設備、商品、製品、原材料などための火災保険
倉庫物件用 倉庫(建物)、保管している貨物などための保険

スポンサーリンク

火災保険の内容

火災保険の種類 対象
住宅火災保険 火災
落雷
ガス爆発
風災・ひょう災・雪災
※ 地震(付帯できます)

火災保険の種類 対象
特約火災保険 火災
落雷
ガス爆発
風災・ひょう災・雪災
水災
落下・衝突など
水濡れ
騒じょうなど
盗難
※ 地震(付帯できます)

火災保険の種類 対象
住宅総合保険 火災
落雷
ガス爆発
風災・ひょう災・雪災
水災
落下・衝突など
水濡れ
騒じょうなど
盗難
※ 地震(付帯できます)

火災保険の種類 対象
団地(マンション)保険 火災
落雷
ガス爆発
落下・飛来・衝突など
落下・衝突
水濡れ
騒じょうなど
盗難
※ 地震(付帯できます)

補償内容を知る

火災保険には、建物の損害だけを補償するものと、家財の損害だけを補償するものと、建物と家財の両方を補償するものがあります。

住宅ローンを借りる際に、強制的に加入させられるものは、建物のみの火災保険です。
それは、銀行にとっては、担保にとった建物の補償さえしてくれれば良いからです。
でも、実際には、家が丸焼けになってしまって、家具もベッドも無くなってしまうと、一から買いなおさなければならなくなるわけですので、独自に家財保険についてもプラスしておいたほうが、無難かと思います。


スポンサーリンク