当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

鉄筋コンクリートマンションRC造の罠

鉄筋コンクリートでも音は響く

鉄筋コンクリートマンションRC造には、騒音が発生しやすいものがあります。
例えば、『 GL工法 』 です。

『 鉄筋コンクリートマンション 』 と書いてあるので、アパートなんかより騒音が伝わりにくいと思ったら、GL工法だったので、上下階の音だけでなく、左右階の音も伝わりまくったというお話はよく目にします。

スポンサーリンク

GL工法とは

GL工法とは、コンクリート石膏ボードGLボンドで貼り付ける工法
GLボンドで接着するとコンクリートと石膏ボードの間に隙間が発生するので、音が太鼓のように拡張して広がるのが特徴です。

太鼓を見るとわかりますが、普通に革の張ったものをポンポン叩くよりも、遥かに音が増幅され、しかもその音が四方に拡散しやすい。

このため、GL工法のマンションでは騒音問題が発生しやすいです。


ノックで分かるGL工法

『 GL工法 』 は、コンクリートと石膏ボードの間に隙間が空いているので、壁をノックすると 『 コツコツ 』『 コンコン 』 という がします。

コンクリートがしっかりと詰まっている壁の場合は、コツコツ言う音はしません。
拳で叩いても 『 ほぼ無音 』 ですし、手のひらで叩くと 『 ペチペチ 』 と言う音がします。

ただし、部分的にGL工法を使用している部屋(部分的にしかコンクリートが詰まっていない部屋)がありますので、購入や契約前に、部屋の様々な壁をノックしてみた方が良いです。
(不動産屋さんやディベロッパーの営業マンの中には、「 ここを叩いてみてください 」 と、コンクリートが詰まった部分だけ叩かせようとする人もいます)


GL工法は外の音も伝わりやすい

GL工法のマンションは、マンション内の音が響くのはもちろんなのですが、外のダンプやバイクの音などの重低音響きやすくなりますので、幹線道路沿い駅近に住む予定の場合は、外の騒音に注意したほうがよいかもしれません。


次ページ

【騒音】 公園に面した家について 【トラブル】

前ページ

【できることから】 騒音から逃れる方法 【コツコツと】


スポンサーリンク