【酸が】酷い水垢と水滴のウロコを除去する方法 【よく効く】

実家の浴室水垢ウロコが酷いことになっているので、水垢ウロコ取りを買ってきて、浴室の鏡のウロコをとることにした。

そこでまず買ったのが、人工ダイヤモンドの研磨剤入りのウロコ取りだ。



スポンジ表面に人工ダイヤモンドが含まれているので、擦るだけで鏡のウロコが取れると言う寸法だ。


鏡に張り付いたウロコの正体

ところで、この鏡に張り付いたウロコの正体は、水滴が乾燥した後のカルシウムなどだ。

水や水滴がついたあと、拭き取らずに放置してしまうとそのまま乾燥して、水に含まれているカルシウムなどのミネラルぶんだけが残る。



このミネラル分がなかなか厄介な代物で、非常に落としにくい。
確かに、まだ初期のウロコであれば、お風呂用洗剤で落とすことができる。

しかし、『 水滴が付く → そのまま乾燥する 』繰り返してしまうと、徐々にウロコの厚さが増し、除去しづらくなってしまう。

一度、水滴のウロコが出来た場所では、水滴が引っかかって落ちにくくなるため、ウロコが発達しやすくなる。

そして、ある程度以上発達したウロコは、お風呂用の洗剤でウロコを除去するのは難しくなってしまう。



そこで、このウロコを取り去る方法やアイテムが必要になってくる。


人工ダイヤモンドは落ちにくい

そのようなわけで、人工ダイヤモンドが含まれているスポンジで、浴室の鏡のウロコ取りをしたのだが、これがまた、驚くほど上手く行かなかった。



使用説明書通りにやってみたのだが、ウロコや水垢が強固で全然落ちないのだ。

そこで、力を入れてゴシゴシやってみたのだが全然ダメ。
ウロコはそれほど取れていない感じだった。


ステンレスにも使ってみた

ならば、と言うことで、ステンレスのウロコと水垢取りにトライしてみることにした。

ところが、思ったほどは落ちない上に、ウロコがない場所がついてしまった。
慌てて使用を中止したが後の祭りだった。

サンポールパックについて

水垢や水滴が乾燥した時にできるウロコは、カルシウムなどのミネラルぶんだ。
このような汚れは、酸性の液体で溶けてしまう。
身近な所では、サンポールだ。



なので、サンポールを鏡につけてラップを貼り付けて 数時間放置 すれば、水垢や水滴が乾燥した時にできるウロコを落としやすくなる。



では、全部サンポールで水垢や水滴のウロコ除去をしてしまえば良いのではないかと思ってしまうが、ステンレスにサンポールのような酸性洗剤を使ってしまうと、ステンレス表面のコーティングがダメになってしまう。
(実は、実家のステンレス製の排水口をそれで一つダメにした)

サンポールは、うまく使うと安価で綺麗に水垢や水滴のウロコを落としやすいが、蛇口や排水口などのステンレスが使われている場所に使う時には、注意して使わないといけない薬剤だ。
(サンポールを使う場合は、様子を見ながら慎重に、あくまでも短時間でが基本)


クエン酸について

クエン酸 も名前の通り酸性のものだ。
水に溶かすと、酸性の液体(クエン酸水)ができる。

このクエン酸水を使うと、サンポールほどの効果はないにしても、そこそこの水垢であれば落とすことができる。



ただし、酷い水垢やウロコの場合、これでは落とすことが出来ない。
ある程度の軽い水垢でないと落とせない。

また、クエン酸水を吹きかけたまま放置してしまうと、表面にうっすらと固着したカルシウムぶんが白く浮き上がってくるので、クエン酸水を使う前よりも見た目が悪くなる。
(パリパリとはがしやすくなっていれば良いのだが、そう言うわけでもなかった)


お酢について

お酢は食品なので、台所などに使うのはありかもしれない。

ただし、安価なクエン酸水でも同様の効果が出てしまうため、お酢ではなくクエン酸水を使ったほうが良いかもしれない。

効果は、クエン酸水のようなような感じで、強力な効果があると言うわけではないため、軽い水垢や水滴のウロコに向いている。


錆落としを使った

そんなこんなで、結局は別の方法でウロコ取りをすることになった。

その別の方法とは、 サビ落とし を使うことだった。

最初は、百均(ダイソー)のサビ落とし剤を使った。
これがなかなか良かった。

満遍なく刷り込んだ後、数十分放置。
その後、キッチンペーパーでこすりながら除去した。

すると、びっくりするほど綺麗になった。
(浴室の鏡は自分が移ってしまうため、洗面所の蛇口と鏡の写真にしました)



ただし、百均のサビ落とし剤を何本も使う方法は、コストパフォーマンスがあまり良くない感じがしたので、後で、別のサビ落とし剤を買ってきて使った。



金属のサビ取りと比較すると、ステンレスの汚れ落としの方の効果は効果が低かった。



これらの サビ落とし や汚れ落としは、水垢だけでなくサビも落とせる上、使用後は油脂でコーティングされるため、水垢除去後がスッキリして水玉もコロコロしていて感動ものだった。



鏡の他に、普通の洗剤では落ちにくかった浴槽の黒ずみ( ガンコな水垢 + チリ )も落とすことが出来た。

ただし、これはサンポールが利用できるため、サンポールのほうが安上がりだったかもしれない。


次ページ

サビ取り剤で蛇口の水垢除去&サビとりした

前ページ

汚部屋家族が居る人との結婚で起きる問題


スポンサーリンク