ミラーレースカーテンで、カーテンなしでも室内が丸見えになるのを防止する

レースカーテンとは

カーテンの外側につけるカーテンです。

日中、カーテンを開けている時に、日光は取り入れつつ、外から室内が丸見えになるのを防ぐために取り付けます。



室内が丸見えになるのを防ぐのがレースカーテンの主な目的ですが、レースカーテンの生地によって、室内の見た目が良くなります。
(おしゃれなインテリアの側面も)

普通のレースカーテンはレース状になっているので、日光が入りやすいです。


ミラーレースカーテンとは

光は取り込みながら、外から室内がほぼ完全に見えないようになっているレースカーテンのことです。

普通のカーテンよりも厚手なものが多いです。

機能性が高いため、普通のカーテンよりも値段が高めなものが多いです。
生地の透明感はありません。

どのミラーレースカーテンも、昼間はほぼ室内が見えませんが、夜の室内の見え具合はミラーレースカーテンによって異なります。

普通、店内で商品確認する時は明るいところで見ますので、夜の見えなさ具合(外が暗く室内が明るい状態での室内の見え具合)は、購入後にしかわかりません。


ミラーレースカーテンのメリット

  • 外から室内が見えにくくなる
  • 強い日差しが入ってくるのを防ぐ
  • 生地が厚手なため、普通のレースカーテンよりも断熱に優れている


向いている部屋

  • 道路との境目に垣根や生け垣がない部屋
  • マンションや団地の低層階
  • 大規模改修時のマンション
  • 人通りの多い道路に面した部屋

ミラーレースカーテンのデメリット

  • レースカーテンの透明感がなく、厚ぼったい印象がある
  • 普通のレースカーテンよりも値段が高め
  • 窓から入ってくる日光が減る
    (日当たりが悪い薄暗い部屋に使うと、さらに薄暗くなる)


向いていない部屋

  • 日当たりが悪く薄暗い部屋
  • 道路との境目に垣根や生け垣などがあり、目隠しが十分な部屋
  • マンションや団地の高層階
    (マンションの大規模改修時にはあった方がよい)
  • 道路に面しておらず、隣の家から見られることもない部屋の窓

初めてミラーレースカーテンを買った

レースカーテンがボロボロになったので、新しいレースカーテンを買いました。

どうせなら、冷暖房効率がよくレースカーテンで目隠しができるものをと言うことで、ミラーレースカーテンを購入しました。



注文する時に長さや幅のことで少々(?)ごたつきましたが、なんとか注文できました。


永久保存版 ニトリでオーダーメイドカーテンを注文するために必要な準備


注文時にはゴタつきましたが、注文したミラーレースカーテンが自宅に配送された後、早速、ミラーレースカーテンを取り付けました。

届いた生地は厚手でした。
注文時に思っていたよりも、さらに厚手でした。(;´∀`)



当然ながら、普通のレースカーテンのような透け感はありません
レースカーテン越しに窓の外の景色が見えることもありません

窓の外から見てみましたが、室内の様子は完全に見えなくなりました
(カーテンのような白い布が貼られている感じ)

部屋の中の様子ですが、思ったよりも日光が遮断され、少し薄暗い感じになりました。

ガチめの南向きで、かなり日当たりの良いこの部屋でこの暗さになりましたので、元々日当たりの悪い部屋に使うと、かなり薄暗くなってしまうかもしれないなと思いました。

透け感はありませんが、柄や生地の感じは良かったです。

今回購入したのはセミオーダーのレースカーテンでしたが、レースカーテンな上に柄が薄いので、継ぎ目のチグハグさは一切感じませんでした。


次ページ

永久保存版 ニトリでオーダーメイドカーテンを注文するために必要な準備

前ページ

洗濯機を嵩上げする台を設置して、洗濯パンの排水口のお掃除問題を解決する


スポンサーリンク