【要確認】 ペット可のマンションの罠

ペット可のマンションだと聞いていたのに・・・

ペット可のマンションだと不動産屋から聞いていたのに、実際にはその物件はペット可ではなかった場合、後々トラブルの元になります。

保証金・敷金・礼金・引越し費用・仲介手数料などの払い戻しや返還などでもめてしまうんですね。
ですので、ペット可のマンションだからと安心せずに、契約書にペット可だと書かれてあるのかどうかを、しっかりとチェックしましょう。

ペット可のマンションだと思い込まない

マンションやアパートなどの賃貸物件では、ペットは飼ってはいけない事になっているにも関わらず、ペットを飼っている家があります。

こういった状態のマンションやアパートなどを見ると、思わずペット可のマンションなのだと錯覚しそうですが、実際に貸主さんがその賃貸物件でペットを飼うことを許可しているのかどうか、契約書などで確認することが大切です。
「多分」や「思い込み」で判断してしまうと、後々トラブルの元になってしまいます。


引越しとペット

転職や転勤などで引っ越さざるをえない方も多いとは思いますが、一度ペットを飼うと決めたら、最後まで面倒を見てあげることが大切です。
もし、事情があってどうしてもペットを買うことができなければ、安易に保険所にやるのではなく、里親を探したり、実家に引き取ってもらうなどして、保健所にやらずに済む方法を探してみてください。


ペットが飼えるのが普通な国

フランスでは、賃貸物件の規約で「ペットの飼育は不可」と書かれてあっても、実際にはペットを飼えます。
ペットの飼育に関しては、とても寛容であることが伺えます。

日本ではそこまでペットに対して寛容になれそうにはありませんが、近年の賃貸マンションの空き室対策として、ペット可にしている賃貸マンションも増えてきました。
今後もこの流れが加速していけば、ペットの飼える夢の暮らしを手に入れることが出来る日もそう遠くはないのかもしれまえん。


スポンサーリンク