定期借地権付住宅のデメリット

定期借地権付住宅のデメリット

定期借地権付の物件のデメリットは、以下のようなものがあります。

  • 契約期間が終了した時に、更地にするためのお金がない場合がある
  • 更地にするための解体費用・廃棄物の処分費用が高騰している可能性がある
  • 期日が近づいてくると、建て替えやリフォームをするのが難しい
    (更地に戻すのに、建て替えをするのももったいない)
  • 50年程度のスパンで見ると、低地借地権付物件のメリットが無くなっている可能性がある
  • 将来的に、物件の価値が0になってしまう可能性がある
  • 定期借地権付の物件の相続を行った時にトラブルが発生する可能性がある
    (更地に戻す費用が足りない・資産価値がないことから、相続を放棄されてしまう)
  • 契約期間が50年で存命していると、老いた時に住家を追われる可能性がある
  • 定期借地権制度がまだ新しいため、将来どのようなトラブルが起こるのか予測が難しい
  • 居住権を盾にとって居座ることができない
  • 破産・競売などの時に、トラブルになる可能性がある
  • 担保としての価値が希薄なので、住宅ローンの借り換えがしにくい
  • 定期借地権の契約期限が迫ってくると、入居者の減少・住宅の放置が起こる可能性がある

メリットよりも多いデメリット

定期借地権付の住宅は、現時点ではメリットよりもデメリットが多いのが特徴です。
ですので、定期借地権付の物件を購入しようと思われている方は、通常の物件を購入するよりもより慎重に、より勉強を行ってから、定期借地権付の物件を購入された方が宜しいかと思います。


スポンサーリンク