【入居者】 家賃滞納の恐怖 【大家】

家賃の支払いを滞納すると

家賃の支払いを滞納すると、困るのは家主さん(大家さん)です。
そこで、家主さんは何とか入居者に家賃を払ってもらうか、その部屋から退去してもらおうとします。
(空室率が困る場合は家賃の支払いを、「契約不履行(家賃の滞納)」の方が困るのであれば退去)

スポンサーリンク

入居者に滞納した家賃を支払ってもらう方法

入居者が留守の間に鍵を変える

これは法律では許されていない行為ですが、効果的な上に手っ取り早いのが特徴です。


裁判で法的な手段に訴える

法律で認められた方法ですが、時間と経費がかかりますし、居住権を盾に家賃滞納者にそのまま居座られるケースも。

保証人から取り立てる

保証人が取り立てに応じなければ、取り立てるのは難しくなりますし、保証人欄に記載した住所や電話番号に連絡しても転居していてつながらないケースもありますし、そもそも保証人欄に記載された情報がウソだったりするケースも・・・。


滞納前に・・・

家主(大家さん)は、空室率を減らして効率的に賃貸マンション・アパートで儲けを出すために、出来ればより多くの入居者と契約を結びたいものです。しかし、一旦入居者を部屋に住まわせてしまうと、家賃が滞納されてしまった時に、その家賃の回収が難しくなります。

特に、法律で認められた方法で裁判を起こして部屋を強制的に明け渡してもらおうとすると、金銭的・時間的に非常にコストが高くつくのが、家主さんの困るところです。

家賃の滞納は「契約不履行」にあたるため、裁判になれば入居者に勝ち目はありませんが、家賃滞納者の中には、居住権を盾にとって居座られるケースもあるようで、退去させることが難しくなることもあるようです。

そこで、家賃回収代行業者が家主さんに代わって滞納した家賃を回収しに回るわけですが、中にはコワモテの方がおられたり、法律では認められていない強引な手法(「入居者がいない間に鍵を変える」「入居者がいない間に、部屋の中のものを全て処分する」など)で家賃の支払いや退去を迫るケースもあるようですので、やはり家賃の支払いが滞らせないのが何よりかと思います。

家賃の支払いを滞らせないようにするためには、「何かあったときの為に預金をしておく」「家賃を支払うための口座の管理は怠らない」の2点が大切であると思います。

家賃を滞納しても、家主さんは裁判が起こしにくい現状であることには違いないですが、家賃を滞納した入居者は「契約不履行」状態にありますので、入居者が不利であることには変わりありません。
いつ何時、何があっても良いように、転ばぬ先の杖をしっかりと用意しておきましょう。


スポンサーリンク