【賃貸】 引渡しに立ち会ってもらおう

引渡しとは

家具や私物を部屋から搬出し、賃貸マンションやアパートのお部屋とその部屋の鍵を大家さんに返すことを「引き渡し」と言います。
この「引渡し」の時には、私物などは全てきれいに片付けて、ちゃんと掃除をしておくことが大切です。

スポンサーリンク

引渡しの後のトラブル

通常、引渡しの時には大家さんか管理人さんが立ち会うことになっています。
これは、部屋の状態を確かめるためです。
借主さんが付けたと思われる傷や汚れがないかどうか、しっかりとチェックするのです。

この時に、借主さん側の落ち度で付けられた傷や汚れがあった場合には、管理人さんや大家さんから敷金から補修する旨を伝えられます。
しかし、中には引渡しの時に立会いをしない(したがらない)大家さんや管理人さんもおられます。

「ああ、鍵を部屋に置いて、部屋の鍵を開けっ放しにして出てくれればいいよ」
・・・みたいな感じです。
しかし、これが後々に大きなトラブルの元に発展するケースもありますので、充分な注意が必要です。


【この傷は誰が付けた?】 敷金トラブルに発展する場合

引渡しの際に、大家さんも管理人さんも立ち会っていない場合、自分は傷や汚れなんか付けていないのに、大きな傷を補修したので敷金は一銭も返さない(敷金では足りなくなったので補修費用を払え)という事を言われるケースがあります。

自分がつけた傷なのか、それとも部屋の引渡し後に何者かが(赤の他人or管理人or大家or不動産屋)付けた傷なのかが判別しにくいので、多額の補修費用を請求されても反論しにくいのです。

ですので、引渡しの際の立会いは、めんどくさがられても行ってもらうようにしたいものですし、できれば、引渡し前に部屋の写真撮影をしたり、友人や親類などに部屋を見てもらって証人になってもらったり、引渡しの時の管理人や大家さんとの会話を録音しておくと、さらに安心であるかと思います。


スポンサーリンク