【石膏ボード】 壁に穴を開けてしまった

壁に穴があく理由

家具を配置したり、組み立て式の家具を組み立てていたり、騒音に怒って壁を蹴ったりしてしまった場合、壁に穴があくことがあります。
石膏ボードは案外やわらかい素材ですので、石膏ボードを使っている場合は、穴が開きやすいです。

石膏ボードを使ったGL工法の鉄筋コンクリートマンションや、鉄骨で壁に石膏ボードを使用している場合や、鉄骨ALCアパートの壁に石膏ボードを使用している場合などは、騒音がひどくなるので思わず蹴とばしたくなるのに石膏ボードは柔らかいので、穴があきやすくなります。
(蹴らなければ良いだけの話だったりしますが、余りにもうるさいとついついエイッと蹴りたくなるのも人情なのかもしれません)

スポンサーリンク

敷金と壁の穴

壁に穴を開けてしまうと、敷金が怖いです。
良心的な値段で修繕してくれる貸主さんだと良いですが、高値で修繕する貸主さんのお部屋を借りていたとなると敷金が心配ですので、貸主さんが修繕をする前(部屋を明け渡してしまう前)に、一度、リフォームや修繕業者さんの見積もりを出しておくと無難であるかと思います。
(自分でやったり便利屋さんにやってもらうと、後々やり直しになる可能性もあるので、自分で修繕するのには注意が必要です)

また、修繕の必要そうな穴の開いている部分の写真を撮影して証拠を残しておいたりすることも、敷金+追加の修繕費用などをボラれないためには大切だと思います。


スポンサーリンク