【防犯が出来ていない】 狙われやすい家

何度も何度も執拗に空き巣に入られている家と、そうでない家があります。

「え?またうち?(=`ω´=)」
「何でうちばっかり狙うのよ!」

その違いは何でしょうか。
何度も空き巣に入られてお困りのお宅は、一度、何か問題はないかチェックされるとよいのではないかと思います。

狙われやすい家一覧

狙われやすい家には、以下のようなものがあります。


  • 一見して留守宅と分かる
  • 面格子が貧弱で、ドライバーなどですぐに取り外せる
  • 人目につかない場所に面格子のついた窓がある
  • 庭木や塀などに囲まれている
  • 駐車場、空き地、公園などに面した家
    (しかも、そこから侵入しやすいようになっている)
  • ご近所付き合いが希薄
  • 網ガラスになっている
    (網ガラスは火災用)
  • 犬の種類によっては番犬にならない場合がある
    (ラブラドールやゴールデンなど)
  • オートロックが付いているので安心してしまっている

オートロックの落とし穴

たまに見かけるのですが、鍵を忘れたり鍵を取り出すのがめんどくさいのか、オートロックのビルやマンションなどでカードや鍵を使わないで、出入りする人に混じってオートロックのドアから入る人がいます。
こういった時です、怖いなあって思うのは・・・。

でも、実際にこういった人を見かけても、声をかけずらいのが実情です。
また、マンションの住民の方々やビルで仕事をされている方々の顔を、全て覚えているわけでもないのに、「あなたは本当にこのマンションの住民ですか?」とか、「あなたはこのビルに入る資格があるのですか?」とは訊けないのも実情です。

特に、サラリーマン風の恰好をしていると訊きづらくなります。
まさか・・・という気持ちが薄れるんですね。
でも、こういったところに落とし穴があるようで、オートロックのマンションの被害は案外と多いようです。
オートロックだからと安心せずに、しっかりと部屋のドアを閉めるように気をつけましょう。


スポンサーリンク