【安】 水道屋さんと水道管の修理料金 【高】

水回りのトラブル起こりやすいです。
水が詰まっただとか、漏れているだとか、本当に色々と起こりがちです。
そんな時、自分で配管などの修理ができたらよいのですが、そんな訳にはいかない所ので、たいていは業者さんに依頼して修理してもらうことに。

という訳で、水回りのトラブルの解決の多くを水道屋さんにお願いすることになってしまうわけですが、ここで問題になるのが 『修理の腕前』『料金』 です。


『修理の腕』については、普通の水道屋さんであればほとんど問題はありません。
(昔、うちの家のお風呂場の配管が故障したときは、水道局の人に水道屋さんを紹介してもらったのですが、その水道屋さんは酔っ払った状態で作業した挙句、ドリルで壁に大穴を開けて浴室のタイルをボロボロにし、さらにその後、放置プレーでどっかに行ってしまったという恐るべきことがありましたが、普通、そんな事は滅多にないと思いますので…。(^^;)

問題は 『料金』 です。
同じ作業をするにしても、その料金は大きく変わってきます。
その理由は、24時間対応の有無だとか、従業員さんたちの接客態度だとか、事務所をたくさん作ってサービスエリアが広いだとかです。

ですので、普通にどこの水道屋さんでも対応できるようなエリアで、24時間対応にこだわらなくても良い場合は、『できるだけ安いところに頼む』のが良いかと思います。
ちなみに、私が調べた限りでは、基本料金(部品代除く)が 3,000円〜8,000円くらいの所が多いようです。

街の小さな水道屋さんの場合は値段はまちまちかと思いますが、技術的な面や対応的な面でも、当たり外れが起きやすいですので、その点は予め覚悟しておいたほうが無難かと思います。



水道屋さんを探す方法

水道屋さんを探すには以下のような方法があります。


1. 水道屋さんの折り込みチラシ
2. WEBサイトで調べる
3. 電話帳で調べる
4. 市町村の水道局の人に聞く


地元の水道屋さんに頼むのであれば、 が良いです。
手軽に見つけたいのであれば、1 が良いかと思います。


水道屋さんの管轄外の作業について

以前、水道屋さんから言われたのですが、水道屋さんには水道屋さんの管轄する範囲内の仕事があり、それ以外のことはできないんだそうです。

例えば、温水便座の修理などは、基本的にはその便器のメーカーの作業員の方が修理するのであって、水道屋さんの仕事ではありません。

水道管の修理などをしている上に、温水便座の修理などもしている水道屋さんも中にはありますが(クラシアンなど)、そう言う水道屋さんが主流ってわけではありませんので、水道屋さんに仕事を依頼する場合は、念のため、その修理は水道屋さんの管轄の範囲内かどうか確認した上で、水道屋さんに仕事を依頼したほうが無難であると思います。


スポンサーリンク