【逃】 嫁または夫が汚部屋住人だった場合の対処法 【耐】

結婚相手が汚部屋住人かどうかを見極めてから結婚するのは非常に大切だ。
何故なら、結婚相手が汚部屋住人だった場合、結婚後の日常生活や社会生活に支障をきたしてしまう可能性があるからだ。

確かに、結婚前には汚部屋住人であったとしても、結婚後、汚部屋癖を矯正できる可能性はある。

しかし、その結婚相手の汚部屋癖を矯正することに失敗してしまった場合、一生涯、結婚相手の汚した部屋を掃除し続けるか離婚するか放置して自分も汚部屋に住むかの3択になる。


嫁または夫の汚部屋癖を矯正することに失敗してしまった場合の対処法



猫ちゃんの旦那さんになる人はどんな人だろうね?


そりゃもう、きっと優しくて素敵な人だよ


でもさ、その未来の旦那さん
猫ちゃんの この汚部屋見たらドン引きすんじゃない?


うちに来る前に、ちゃんと掃除するに決まってるでしょ


いつもはこんななのに?
結婚したら汚部屋なのバレちゃうよ?


結婚したらちゃんとするから大丈夫なの!

スポンサーリンク

一生涯、結婚相手の汚した部屋を掃除し続ける

結婚相手が汚部屋住人だった場合、結婚後は大変なことになる。
『 家族の中の誰か 』がずっと掃除し続けないとゴミと汚れと大量の物に埋もれて過ごすことになってしまうため、同居してしまったら大変なことになってしまうのだ。

専業主婦ならばまだマシかもしれないが、フルタイムで働いていたり、自営業で忙しくしている場合、仕事で心身ともにかなり疲れてしまうため、汚部屋住人の掃除の世話は本当に大変になってくる。

物やゴミを捨てるなと言ってくる場合はさらに大変で、徐々にその結婚相手の物とゴミで家が埋め尽くされていく。

そのため、自分でフルタイムで働いて稼ぎ(男女ともに)、結婚後や出産後も働き続けたい人は、結婚前に、結婚相手が汚部屋住人かどうかを見極めておいた方が無難だ。

自分である程度稼げる人の場合、結婚相手の衛生感覚がしっかりしており、自分でしっかり掃除と整理整頓ができる人であれば、結婚相手の稼ぎが低くても自分が稼いで生活すればよい。

しかし、家政婦やハウスキーパーを年がら年中雇えるほど収入が高くない場合は、結婚相手の収入がそこそこ高くても、結婚後、自分が働きながら汚部屋の掃除や片づけをしないといけなくなるため、汚部屋に悩まされて苦労する可能性が高くなる。


時々遊びに来る私でもこんなに大変なんだから、猫ちゃんの未来の旦那さんはもっと大変だろうね


何が?


だってほら、猫ちゃんって、自分で片付けたり掃除したりしないし
ゴミとか食器片付けたらって注意すると、思いっきりキレるじゃん


それは、ニワトリちゃんの言い方が悪いから!
旦那さんが優しく言ってくれたら、ちゃんと言うこと聞くし


戻る


離婚や別居をして、汚部屋と掃除地獄から抜け出す

結婚相手が汚部屋住人で、あまりにも汚部屋状態が酷く、日常生活や社会生活に支障を来してしまう場合には、別居するのも一つの方法だ。

月に2〜3度程度、数日以内なのであれば、汚部屋住人との同居が絶えられるのであれば、そうやって結婚生活を維持するのもありだろう。
(単身赴任しているようなつもりで)

汚部屋住人と同居さえしなければ、籍を入れていようがそこそこ普通に生活できてしまうため、離婚までせずとも、普通は別居で解決する。

ただし、住宅費や光熱費や通信費などが2世帯ぶん必要になるため、お金は溜まりにくくなる。

また、一人はローンで買った戸建住宅に、もう一人はワンルームのアパートに住むとなれば、相当にストレスが溜まる

特に、自分がローンを払っているのに、自分だけ極狭のワンルームに住まなければならなくなった場合、自分は一体何のために住宅ローンを支払っているのかと、頭を抱えることになる。


戻る


汚部屋を放置し、そのまま汚部屋に埋もれて過ごす

恐らく、これは現実的ではない
大量の物に埋もれて暮らす生活や、徐々に共用スペースにまでゴミと物が侵食してくる不自由で不衛生な生活に、普通の人は耐えられない

大量の収納場所があっても、収納の大半は汚部屋住人に占拠されるので、自分は限られたスペースで僅かな物しか持てず、しかも、寝て起きるので精一杯のスペースしか確保できない。

しかも、その収納に入っている物の多くが、不用品とゴミだ。
自分は、物をできるだけ削りながら、僅かなスペースで窮屈な生活をしているのに、汚部屋住人たちは率先して物とゴミを増やしていく。

汚部屋住人は部屋の汚し方も酷い人が多いので、共用スペースも徐々に汚れていく。
しかも、排水口が詰まったり、扉や玄関の出入りが困難になったり、害虫だらけで日常生活に支障をきたすなど、何かしらトラブルが発生しない限りは、自分らでは掃除をしようとはしない。

この中で、普通の神経の人が生活していくのは不可能だ。
もしかしたら、生活はできるかもしれないが、かなりのガマンを要する上に、正常な社会生活や日常生活は送りにくくなってしまう。


ねえねえ、ニワトリちゃん
ちょっと明日、うちに掃除しにしてくんない?


はあ?


今週末、うちに彼氏を呼んだからさ
一人だと絶対間に合わないし


自分で掃除しなよ


自分でできたらお願いしてないよ!


自分でやらないと意味ないし
第一、もしその人と結婚したらどうすんの?
また私に頼むわけ?


ぐぬぬ・・・


戻る


結婚前に、相手が汚部屋住人であることを見つける方法

結婚前には汚部屋住人だとはわからなかった汚嫁さんや汚婿さんは多い。
自分が汚部屋住人なのを隠すべく、自宅にお相手が来る前には、できる限り部屋を掃除する人が多いからだ。

でもこれだと、結婚後に汚嫁や汚婿が発覚し、結婚後の生活が暗澹たるものになる可能性が高くなる。
(汚相手を矯正し、普通部屋や綺麗部屋の住人にできれば回避可能)

なので、あくまでも『 結婚前 』に相手の人が汚部屋住人かどうかをチェックすることが非常に大切になる。


長期間同棲する

長期間同棲すると、ゴミや食器を放置するかどうか、水回りを汚しやすいかどうか、掃除や洗濯をするかどうかなど、相手に汚部屋要素が含まれているかどうか分かる。
一番確実な汚部屋住人の発見方法だ。

ただし、ごく短期間の同棲だと見抜けない可能性もあるので注意が必要だ。
(掃除屋に頼んで部屋の清掃を徹底的にしてもらったので部屋はピカピカな上、数日の同棲中は、ボロが出にくいように振る舞うため)


部屋や家を尋ねて、水回りを見せてもらう

水回りは、しっかりと管理ができていないとあっという間に汚れる。
なので、水回りの汚れ具合を見れば、どの程度汚す人かわかりやすい。

もし、自分の来訪前に付け焼き刃で水回りを掃除していたとしても、洗面所や浴室のつなぎ目のシリコンゴムに発生した大量の黒カビや、壁紙のカビや汚れなどはなかなかとれないため、そのあたりを見ると、普段の掃除具合がわかりやすい。


部屋や家を尋ねて、押入れや物入れを見せてもらう

物やゴミの多い人が来客を招く場合、とりあえず、『 空き部屋 』『 押し入れ 』『 物置 』『 クローゼット 』『 庭の一角 』に物やゴミを突っ込んでおき、来客には普通部屋だけ見せる場合がある。

普通部屋だけ見せられてしまうと、ついつい普通の人なのだなあと思ってしまう。

もし、結婚を前提したお付き合いをしている場合は、念のため、お相手の空き部屋や押し入れや物入れの状態も確認しておいたほうが良い。


次ページ

【結婚】 義実家が汚部屋敷問題の対処法

前ページ

【脱賽の河原】 汚部屋な身内への対処法


スポンサーリンク