【ちょっとした心遣い】 足音の騒音を軽減する

かかと歩きとつま先歩き

『 つま先歩き 』 とは、かかとを上げて歩く歩き方です。
この『 つま先歩き 』をすると、下の階への騒音を軽減することが出来ます。
この時のかかとの状態ですが、バレリーナほどかかとを上げずとも、軽くかかとを浮かして歩くだけでもかなりの効果が期待できます。

ちなみに、かかとを上げて歩くと脚の裏側のやお尻の筋肉を鍛えられますので、ヒップアップにトライされる方にもつま先歩きはおすすめです。
(腰猫背や猫背の方の場合は、つま先歩きをするとグラついたり疲れやすいです)

その反面かかと歩きは騒音を発生させやすい歩き方です。
かかとが地面に着く際に、ドスン、ドスンという音を発生させてしまいます。

ですので、下の階の方とのトラブルを防ぐためには、特に音の響きやすいマンションやアパートでのトラブルを防ぐためには、かかと歩きを止めて、つま先歩きをされると宜しいかと思います。

スポンサーリンク

防音カーペットをひく

つま先歩きをする以外で自分が出す騒音を少なくするには、フローリングの床面に「防音カーペット」などをひかれると宜しいかと思います。

ただし、足音は「ドスンドスン」という重い音(重量衝撃音)ですので、基本的には、防音カーペットをひいても効果は限定的です。
(スプーンやブラシを落とした時に発生する「コツコツ」という類の軽い音であれば、軽量衝撃音ですと、防音カーペットをひくことでかなり音を軽減できます)

でも、何もせずに騒音の垂れ流しの場合、階下にお住まいの方の神経に触ってしまうケースもありますので、飛んだり跳ねたりをしやすいお子さんのおられるご家庭や、ペット可のマンションで犬をお飼いになられる場合などは、防音カーペットや遮音カーペットをご利用になられるのもありかもしれないです。
(「ドスン・ドスン」という音に対しては、やはり効果は限定的であるとは思いますが・・・)


次ページ

マンション・アパートの騒音トラブル


スポンサーリンク