【できることから】 騒音から逃れる方法 【コツコツと】

ご近所が誰も居ない田舎の戸建住宅に住む

ご近所がいない田舎の戸建住宅に住めば、近所の騒音に悩まなくても済みます。
ただし、通勤や買い物などにはとても不便です。


通常の戸建住宅に住む

賃貸でも持ち家でも、戸建住宅に住めば上下のご近所の騒音問題からは開放されます。
ただし、隣近所が近くにある場合は、隣近所の騒音トラブルに巻きこまれる可能性があります。
庭が広めでお隣との距離が離れていればいるほど、左右のご近所の騒音に悩まされるリスクを減らすことが出来ます。
(ミニ戸建の場合は、アパート並みに隣近所の騒音に悩まされる可能性があります)

スポンサーリンク

防音に優れているマンションに住む

防音に優れているマンションに住むと、防音に優れていないマンションに比べて、騒音問題が発生しにくくなります。(GL工法、軽量鉄骨(石膏ボードの壁)、鉄骨(石膏ボードの壁)などは、騒音の発生しやすい建築構造になっています。
お部屋選びをされる際には充分に気をつけましょう)

ただし、あまりにも騒音が大きければ意味が無いですし、ご近所の方の生活習慣や行動によっては、やはり騒音問題が発生してしまう可能性があります。


ミニの戸建住宅に住む

ミニ戸建住宅に住めば、とりあえず上下のご近所の騒音問題からは開放されます。
ただし、ミニ戸建の場合は、アパート並みに隣近所の騒音に悩まされる可能性があります。


角部屋に住む

マンションやアパートの角部屋(戸建では角地)に住んだ場合、隣接するご近所の数自体が減りますので、騒音が発生するリスクを減らすことが出来ます。
ただし、騒音が発生するリスクが減るだけの話ですので、ご近所に騒音源になる方が住まわれた場合、やはり騒音が発生してしまうのが難点です。


最上階の部屋に住む

最上階に住むと、上からの騒音が発生しませんので(屋上に自由に住民が行き来できる場合は、屋上から騒音が発生するので注意が必要です)、騒音が発生しにくいです。


次ページ

鉄筋コンクリートマンションRC造の罠

前ページ

マンション・アパートの騒音トラブル


スポンサーリンク